「5 G+工業インターネット」の十大典型的な応用事例が発表され、浪潮5 G知能工場が入選

5 Gライセンスの発行以来、5 Gの応用事例が絶えず出ており、業界では将来5 Gの80%の応用シーンが工業インターネット分野にあるとの認識で一致している。5 Gライセンスの発給がすでに1年が経った今、5 Gは工業インターネットと知能製造分野で数多く優れた展望性と代表的な5 G工業インターネットの典型的な応用事例が現れた。このため、「工業インターネット世界」、「通信産業新聞」などのメディアは「2020年5 G+工業インターネット十大典型応用事例」を評定した。浪潮の5 Gエッジ計算に基づいた知能工場がそれに載った。


浪潮と山東モバイルは手を携えて、浪潮の知能工場をパイロットとして、キャリア5Gネットワークの特性に基づいて、浪潮のエッジ計算プラットフォームの能力を結び付けて、浪潮の産業園を「5G+知能工場」に築いている。

浪潮産業園において、5Gエッジ計算に基づかれた知能工場を建設し、5 Gの高速度、低遅延、高信頼性及びエッジ計算プラットフォーム能力を利用して、工場の知能化生産及び運営管理を実現する。着地実施以来、自動化管理能力を大幅に向上させ、工場の運営効率を向上させた。資源利用率は約62.4%、生産能力は9.8%、製品の一次合格率は0.8%向上し、平均在庫年齢は一ヶ月減少した。同時に自動化設備は24時間の安定生産を保障でき、人員の投入コストを節約し、人員傷害などの生産事故の発生確率が低くなり、安全生産を保障できる。

十大典型的な応用事例は主に航空製造、港、知能工場、生産現場、無人運転及び工場専用ネット建設などの分野に集中し、良好な模範効果を形成した。これらの応用事例は業界の応用と発展に役立つだけでなく、今後5 Gの工業インターネット分野における応用発展のために、より広い前進の道を切り開く。「クラウド+ビッグデータ+AI」と5 Gの深度融合を推進する企業として、浪潮は強いプラットフォームを作り、生態を強め、協力パートナーと手を携えて、5 Gとエッジ計算の複数業界、分野での革新的な応用を迅速に推進し、「クラウド+ビッグデータ+AI」+5 Gの深度融合の新世代情報インフラを構築し、業界のデジタル化への転換を共に推進する。