Forresterマシン学習プラットフォームランキング:浪潮、百度、Tencentクラウドなどが第一陣営をリードする

先日、国際権威分析機構のForresterは「Now Tech:Predictive Analytics And Machine Learning In China,Q 3 2020」(略称:PAML)という報告を発表した。浪潮は先駆的な製品機能と卓越した商業化能力により、中国の予測分析と機器学習市場の第一陣営に入選した。

Forresterは、企業は産業のAI化を加速しており、モデルの開発、配置と拡張を通じて絶えず増加するケースをサポートしていると述べた。PAMLソリューションはデータ分析からモデルトレーニングまで、更に推理に至る過程を加速し、そしてAI資源の制限やモデル開発周期が長いという問題を解決できた。

浪潮、百度、Tencentクラウドなどが中国のマシン学習市場をリード

Forresterはメーカーの製品の市場表現によって、メーカーを大型、中型、小型の三つの種類に分け、浪潮、アリ雲、百度、Tencent雲、第四範式などの企業は大手メーカーのランクに入り、中国のPAML市場の第一陣営となった。浪潮はMultimodal PAMLメーカーとして強力にランクインした。このランクのメーカーはデータ取得と準備、アルゴリズム/分析の広さと深さ、可視化、モデルライフサイクル管理(ModelOps)、チームワーク、推理/採点オプションの6つの面でより優れている。このセグメンテーションにおけるメーカーの製品は、GUI、自動機器学習(AutoML)およびコーディング環境など様々なUIモデルを提供しており、データチャネル、MLモデル構築およびデータ科学チームワークのために最も広範なツールセットを提供する。


産業のAI化実施、ワンストップ式モデル訓練、推理のサービス能力が剛性ニーズ

現在、企業は自身のAI能力の建設を加速している。2019年にはすでに54%の企業がAI能力の配置に着手している。企業自身のAI能力の建設において、マシン学習プラットフォームが重要なイネーブルツールであり、すでに企業が予測モデルを作成する際の重要なエンジンとなった。また、より多くの業界シーンに向けたAIアプリケーションの配置において、どのように限られたAIとデータ科学者資源を有効に利用して、データ分析からトレーニングモデル、オンライン推理とAIアプリケーションの実行までの過程を対応し、ワンストップ式AIソリューションを作り出すかが産業AI応用の剛性ニーズとなっている。

長年にわたって、浪潮は人工知能マシン学習の分野で力を入れて、業界初のAI計算センター計算力管理プラットフォーム「浪潮AIStation人工知能資源管理プラットフォーム」を構築した。浪潮AIStationはAIモデルの開発と配置のワンストップ交付を提供することができる。そしてAI計算資源の敏捷な割当て、開発環境の迅速な配置、マルチソースAIモデルの統一な調整、推理モデルの迅速な配置を実現できる。企業が簡単にAIトレーニング、推理サービスを開発することを助けて、AIの交付と生産効率を大幅に向上させる。現在、浪潮AIStationはすでに金融、通信、エネルギー、交通などの分野で広く利用されている。